【奈良県】ご当地ナンバープレートの種類

ご当地ナンバー

前回、三重県のご当地ナンバープレートについてご紹介させていただきました。

2020年5月11日に17地域に地方版図柄入りナンバープレートが追加について、三重県では伊勢志摩と四日市ナンバーが追加されましたが、奈良県では飛鳥ナンバーについて図柄入りナンバープレートが追加されました。

これがまたカッコイイので見てみてください!

奈良県版ご当地ナンバープレート

奈良県版ご当地ナンバープレート
(出典:国土交通省)

・奈良ナンバープレート
桜や紅葉、五重塔やシカなどが描かれ、落ち着きのある淡い色合いで奈良らしさを表現

・飛鳥ナンバープレート
図柄に採用されたのは伝説上の神獣 “朱雀” がモチーフとされています
「飛鳥ナンバー」の交付対象地域は、三宅町・田原本町・橿原市・高取町・明日香村

※奈良ナンバーと飛鳥ナンバーは、ご当地図柄入りナンバープレートを発行することができます。

まとめ

走る広告塔として出雲ナンバーの「ヤマタノオロチ」と並んでカッコイイと噂の飛鳥ナンバーの「朱雀」、キトラ古墳の壁画をイメージしているそうで歴史好きにも人気だそうです。

奈良の図柄入りナンバープレートはどちらも古都奈良をイメージした素晴らしいデザインですね、管轄の地域で図柄入りナンバープレートへの変更がまだの方は是非検討してみてください!

国土交通省 41地域の図柄詳細(第一弾)

国土交通省 17地域の図柄詳細(第二弾)

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です