【三重県】ご当地ナンバーの種類

ご当地ナンバー

街中で車を見ていて図柄が入ったナンバープレートを目にしたことは無いでしょうか?

ご当地ナンバープレートは平成30年10月1日から地方版図柄入りナンバープレートの交付が開始され、地域の風景や観光資源をナンバープレートの柄にすることにより走る広告塔とする事を目的としています。

2020年5月11日に17地域に地方版図柄入りナンバープレートが追加。その中で三重県は「伊勢志摩ナンバー」と「四日市ナンバー」の2種類追加されることになりました。

三重県版ご当地ナンバープレート

(出典:国土交通省)

・伊勢志摩ナンバープレート
伊勢神宮の鳥居に流れる赤と青の風、赤い風の中には夫婦岩も描かれています。

・四日市ナンバープレート
四日市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」と四日市コンビナートの工場夜景が描かれています。

ご当地ナンバーを導入するには??

ご当地ナンバープレートに記される地域は車庫証明の「使用の本拠の位置」の地域をもとに決まります。
使用の本拠を管轄する運輸支局で、図柄ナンバー交付(正式名称:自動車登録番号標交換申請、または番号変更)の手続きをしなければなりません。

三重県の図柄入りナンバー交付料金
・普通車:7500円
・寄付金:1000円~(100円単位)
寄付金なしの場合はモノトーンとなってしまいます。

まとめ

最近では白色のナンバープレートを付けた軽自動車を見かけることも増えたのではないでしょうか。白色のナンバーを付けた軽自動車はオリンピック記念のナンバープレートですがご当地ナンバープレートと同様で陸運局で手続きする必要があります。

三重県以外でも全国でご当地ナンバープレートがあります。ご自身の住所で対応しているご当地ナンバープレートが出ている場合は検討してみてはいかがでしょうか!

国土交通省 41地域の図柄詳細(第一弾)

国土交通省 17地域の図柄詳細(第二弾)

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です